矯正装置について

矯正装置は、昔は銀色の目立つ装置でしたが、今は白や透明の目立たない装置を使用しますので、大人の方でもあまり気にせずに治療をすることができます。治療期間を短縮する装置もあります。

ブラケット装置

審美ブラケット

歯に接着するボタン上の器具を「ブラケット」といいます。
ブラケットにワイヤーを通し、ワイヤーに力をかけることで歯を動かしてゆきます。
ブラケットは白いセラミック製ですので、目立ちません。

治療期間を短縮する装置

セルフライゲーションシステム

セルフライゲーションシステム

通常のブラケット装置は、ブラケットとワイヤーを固定していますが、この「セルフライゲーションシステム」は、ワイヤーを固定せず、ブラケットのスロットに通して自由に動くことで摩擦を少なくし、効率的に歯を移動させるシステムです。
歯の動きが1.5倍程度早いといわれています。

インプラント矯正

インプラント矯正

歯を移動させるための固定源として、ミニインプラント(アンカーインプラント)を使用する方法です。
歯茎の骨にミニインプラントを埋入し、それを固定源として歯を動かします。歯を効率的に動かせるようになり、治療期間を短縮することができます。(ミニインプラントは治療終了後に除去します)

ヘッドギヤ

また、前歯を後退させる目的で、従来は「ヘッドギヤ」が使用されてきましたが、この在宅時に使用する装置は、在宅時間の短い大人の場合、使用が難しいものでした。
この「インプラント矯正」はヘッドギヤに代わって前歯を後退させる目的にも有効で、大人の方も無理なく治療ができるようになりました。